(カエデノオト)

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

兵庫県立美術館特別展 ガウディ×井上雄彦

ガウディの作ったものはとてもとても魅力的で見ていると幸せな気分になる、だけれどもどう考えればそこにたどりつくのかが全く想像がつかなかった。それは井上氏が(漫画ほとんどよまないのでこの方のプロフィールは知らない)和紙に描いた絵にも同じことがいえると思ったのだった。
私はどうしようもなく凡人なのだろう、だからこの天才たちの産んだものが、すばらしいと思う感受性はいちおうあるけれど、こういうものを創り出す才能はまったくなうということなんだなと今更ながら納得したのであった。
ならばこういう人たちをサポートするような財力があったらなぁ、ガウディをサポートしていたという、グエルという人みたいに。でもそうでもない。
そんな自分の生きる道はどこにあるのか。
こんな年になってもそんなことを考えている。