カエデノオト

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

クウネルvol.60「よろず相談うけたまわります」

ku:nel (クウネル) 2013年 03月号 [雑誌]

ku:nel (クウネル) 2013年 03月号 [雑誌]

気になったもの
・ヒヤシンスの水栽培
・グラタン
・寝室の湿気対策
川上弘美さん短編
新大阪駅の売店で創刊号に出逢って、もう大好きになって、定期購読はじめて、ていねいにていねいに読んでいたクウネルの、私にとってさいごの1冊。おお、60というきりのいい数字ではないか。
クウネルが変わったのではなく、私が変わったのだ。ゆったりとクウネルの世界に浸る時間がない。この号にもゆっくり読めば心に染み入る記事はたくさんあるのだろうと思う。絵本の話、わかめの話…。それが、よめない。勿体ない。すごく焦ってページをめくっている私がいる。
ソファに座って娘に授乳させながら、ページをめくっていた頃が懐かしい。妊娠中の、逆子対策で足湯をしながら読んでいた頃が懐かしい。その前、こどもがいなかった頃、たっぷりあった自分時間にごろごろとページをめくっていた頃が本当に懐かしい。あの頃はたしかにゆっくり流れる自分だけの時間があって、そこにクウネルが上手にはまっていた。今はもう、ないんだ。子育てとか仕事とか主婦業とかのほかに、twitterなんかの存在も大きいだろうなぁ。
もう少ししたらまた、自分の時間がじわじわと流れるようになって、そんなとき、まだクウネルが変わらずあったらいいなぁと思う。
それまで、さようなら。ありがとう、クウネルさん。
クウネルの定期購読をやめるかわりに、ナショナル・ジオグラフィックの定期購読を始めてみたんだけどこれもやはり失敗だったかなぁと思う。リビングに置いておいて家族みんなで好きなときに写真を眺めるようにしたかったんだけど。あれも非日常が流れている雑誌なわけで、日々に追われるおかんの日常には合わないのだ。旅先の図書コーナーなんかで手にとるのがいいのよね。旅行にでも持っていくかな。いやいや子連れ旅にそんな時間はないのよね。