カエデノオト

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

浴衣と娘と楽天と私

襟元が暑いから、とかたくなに甚平を拒否する娘@5歳。いただきもののかわいい甚平が3着もあるのに、これまでの人生、どれも着てくれない。そんなわけなので、浴衣も作っておりません。
先日、保育園の夏祭りがあり、もちろん皆がかわいい浴衣や甚平でやってくるわけなんだけど、娘は洋服。本人がいいんだからいいんだけど。
来年は最後の夏祭り。このとき最上級生はステージで歌を披露するのだけれど、もちろん皆浴衣でおめかし。どうするつもりなんだろうか?とたずねてみたら。
「ふーん、みんな浴衣なん?じゃ浴衣着るよ」
着るんだね?
本当に着るんだね???
ちょっと疑う気持ちのある私なのだけれど、着るというのなら用意しないとね、来年に向けて…というわけで買ったっきり一度も着ていない私の浴衣を解体して娘用に作り替えることにしようかと(経験はありませんけど…)。
軽い気持ちではじめた解体は想像以上に大変だったけれど、ほどいて洗って干したら見事に軽やかな浴衣生地に変身した。幅が揃っていて、たたむとキレイにひとつにまとまった。和服ってすごい。

この浴衣は、結婚後勤めをやめてちょこっと時間があったときに、浴衣が着られたらステキだなーとか思いついて買ったもの。結局開くことさえせずにここまできてしまったんだけど、購入先は楽天ショップ。おばあちゃんがはじめた和装のネットショップ、と新聞記事かなにかで見かけてアクセスしてみたショップだった。
当時はまだ楽天で買い物をはじめて間もないころで…もしかしてこれ、購入履歴に出てくるかな?と思って見てみたら、あったよ。2002年5月21日(同じ日になんと、コンパクトデジカメも買っているよ)。
この時のおばあちゃんのお店はもうないようだった。この年の買い物はこの2件だけで、はじめての買い物は2001年6月22日。わー使い始めて今年で10年かっ!
その後もたどってみると、すごいなー、全部出て来た。私のネットでの買い物はほとんどが楽天なので、これはもう「買い物で見る自分史」だ。
ブログもメールアドレスも、何年かおきに変えたくなってあっさりと変えてきたので、この楽天のIDがネットの世界で一番長く使っているものかもしれない。やっぱり実体が伴うもののほうが長く続くものなのかもね…(買い物してモノが届くという意味)。
以上、どうでもいいけど書いておきたかったこと。