カエデノオト

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

おうちメンテナンス

ゆくゆくは壁を塗ったり!?

今の家、たぶん一生またはかなり長く住む家、もうすぐ3才になります。
汚れとか傷とか、いろいろ気になってきました…「味」とか「時間の流れ」だと受け入れられるそれと、ただただ汚いかんじになってきて受け入れられないそれがある。
受け入れられないのは、壁紙の汚れ、破れ。いやだなー。
で、気になる3点をまとめてこの家をつくってくれた会社に相談。
1:洗面台の流れが悪い。取説どおりに掃除してもダメ
掃除していたその先のところに、大量の髪の毛とドロドロが詰まっていたことがわかって取り除いて解決。ちゃんと掃除をしていたつもりだったけれどなー。詰まった髪の毛を溶かす薬剤は、配管を痛めると聞いて使っていなかった。頻繁でなければ大丈夫と言われたのでときどき使うことにする。あとは時々、ヘアキャッチャーをとってじゃーと勢いよく水を流すのもいいんだって。
キッチンの配管に油が流れていくのもキケンです、と教えてもらった。これは後で7〜80度の熱湯を流すことで改善されるらしい(油が溶けて流れていく)。でも熱湯を流すのは配管によくないので、ほどほどに。
毎日使うものなのに結構センシティブ…。
2:玄関ドアを全開にしたときに当たるところがあって気になる。こどもだけの出入りが多くなって開閉が乱暴で…
ドアストッパーを取り付けてもらうことに。
3:基礎に小さな亀裂が数本
深刻な亀裂ではないだろうと思ってはいたけど念のため見てもらったら、やはり無問題の亀裂。だけどその部分は通りに面していて、さらに土地が傾斜している関係で高基礎になっていて目立つ。ということで亀裂が気にならないようメンテナンスしてもらうことに。
2と3については建築中のいろいろな経緯があり「プレゼント」ということで無償でしていただけることに。竣工から3年近くたっているというのに、ありがたや…。

ここのデベロッパーは、近所では高いとか言われているんだけれど、今のところそのやや高の部分のモトはとれているのではないかと思って(言い聞かせて)いる今日このごろ。
いちばんいるのが長い私が家の健康管理をするのが自然なわけで。長く安心して住むためにもメンテナンスはしっかりやらんとね…。ちょっとした修繕は自分でできるようになりたいな。