カエデノオト

カエデのある家の住人のノート

ストレートパーマ

雨の日に実感するそのありがたさ。

連休前、どうしようもなくまとまらない、妙なクセのある前髪にすすめられてストレートパーマをかけました。なんか自分の髪じゃないようなかんじでいまだに落ち着かないけど見事にまっすぐです(まっすぐ下ろしているのではなく分けてますが)。
「雨の日はほんと助かりますよー」と言われていて、そうなんかなそうなんかなと思っていて今日ははじめてのまとまった、じめじめ度満点の雨の日。朝から前髪を気にしているけれど、たしかにうにゃうにゃならない!これは助かる!おかげさまで横〜後ろはクセを活かしてうにゃうにゃ、でも前は思うとおりにまっすぐ、という希望の髪型を手にいれることができました。
ストレートパーマって「板みたいなものを長いこと髪に貼り付けて、時間はかかるし重いし」というイメージであんまり好きじゃなくて敬遠していたのだけれど、今回強くすすめられてやってみたらもう「板を貼り付ける」という技術は古いものになっているのね…ヘアサロンの若い女の子は「学校のテキストで見たけど現場では見たことない」だって!!
でもって、一度ストレートあてたらもうずっとまっすぐでいてくれるんだって♪もちろん伸びてくるところはうにゃうにゃしているだろうから、維持したければ定期的にあてなきゃいけないんだろうけど…技術の進歩ってほんとにすごいなー。