(カエデノオト)

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

わけあってケースがかわりました

こんなケースを「これはいい、とってもいい、すっごくいい!」と愛用していたのですが、わけあってケースを(一旦)変えることに。
わけとは。
ひとつきほど前の保育園での「作品展」にて。お迎え後作品展会場のホールに行ってみると、たくさんの保護者がケータイカメラで作品をパシャパシャ…でそこで分かったこと、「iPhone使ってるパパママ、けっこう多いんやーーーー」。
こどもたちが「いっしょやー」「あいほんやー」と親のiPhoneを見せ合っていたんですが、そこで我が娘、気がついた。

おかあさんのあいほんはしゃしんがとりにくい→おかあさんのあいほんにはふたがある!→だからおかあさんのあいほんはしゃしんがとりにくい!

で、「ふたなし」のiPhoneになってほしくてなってほしくてたまらなくなったらしいんです。
あんまりうるさいんで、iPhone入手前に買っておいた白いケース()を出してきて「ほれ!」と変えてみたわけ。そうしたら真っ白でかわいくないという。「こんなの貼ったらどうかしら?」とシールを引っ張り出してきた。「そうね、かわいいね、いいんじゃない?」と言ったら気付いたらこんなことになっていた…。

この花のシール、ラメラメで触るたびに指先にラメが付く!こ、このまま使ったりバッグに入れたりしたらそのたびにラメがあちこちにキラキラと張り付いて…たいへんなことになりそうな予感。
でも「うさぎさんが降ってくるお花をお手々でとるの」というコンセプトのこの作品、がんばって作った娘に「これ使えない」というのもかわいそうな気がして。
でいろいろ考え、最近話題の「デコケース」を作る際に使用するという「デコパッチ」のニスを入手して塗りまくったんです。

塗り上がってラメ問題は解決、「かわいいー」と娘は喜ぶけれど…
ごっついケースに慣れた身にはあまりにも頼りない、華奢なケース。
これで落っことしたら致命傷受けるやん。。チェブラーシカのストラップも似合ってないなぁ。
というわけでほとぼりがさめたら戻す予定。
(でもスリムになって操作しやすいとか、いいコトもありマス)。