カエデノオト

カエデのある家の住人のノート

久しぶりのIKEA

被災地から遠く離れているのに、なんの被害も苦労もないというのに、そして震災だけが理由ではないと思うんだけど、気持ちが沈んで動きも鈍いし前向きになれないでいる。なんだろなーこれ。何やっているんだろうなーわたし。何もしないまま(orどうでもいいことをしているうちに)時間がどんどん過ぎてゆく。とりのこされていくかんじがする。プチ被災者だった16年前のほうが体中にパワーがみなぎっていたような気がする。
そんな私を心配して、ではなくて、本当に久しぶりに夫が一日空けられそうだというので家族で鶴浜のIKEAに行ってきました。
被災地に物資を送っているというIKEAにしっかりお金を落としていこう!という気持ちも確かにあったりして、いつもよりたくさん買ったかも? クッションなど対象商品を半額で買えてそのまま被災地へ送れる、というのをやっていたらしい(と戻ってからwebで知る)。もっとハデに知らせてくれなくちゃ!知らんまま帰ってきてしまったやんか。
買ったのは白い器とか食材とか。シンプルな白いプレートを2枚買ったんだけど、帰宅してから裏を見たら1枚はchinaで1枚はturkeyとあった。製造国が違うのにどれだけ見ても同一(て凝視しているうちに白のトーンが違うような気がしてきたりしなかったり)。
今回絶対にファブリックを買おうと思っていたのだけれど、何に使うというあてもなかったせいか買えなかった。あの大胆で個性的な柄、衣類にしても雑貨にしてもカーテンにしても…やっぱり使いこなす自信がない。「これいいかも」と思うのはストライプかチェックか無地。それならほかで買えるでしょ、というかんじで。ちょっと自分にがっかり。いつかはきっと(って無理せんでもええのに)。

キッズプレートのおまけは旗でした。えーと思ったけれど娘は大満足の様子でした。