カエデノオト

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

ついに手ごね食パン

ちょっと無謀な夢。

子持ちになるまで料理を作ることにも食べることにもあまり興味のなかった私。
結婚相手が喜んでキッチンをたつ人だったことも幸い(災い?)して、主婦業を担うことになってからも全く料理の腕は上がらず…
サラダと冷や奴の薬味をつくるのは手際がよくなりました という恐ろしいレベル。
こんな人間をパン教室に通わせるようにするのだから、やはり子持ちになるというのはすごいことです(子が離乳食の時期からパンを好んだことから)。
ちょっとしたきっかけがあって、昨年末から月イチで通い出したチケット制の手ごねパン教室。
いつもは先生おすすめの「今月のパン」を習うんだけど、ついについに念願の「食パン」を習い、型を買い、ひとりで作ることができたーーー(いやちょっと前の話。UP大幅遅れ)。

感動。
山がかわいい。
スライスしたときの大きさがかわいい。
HBのハネの穴がないっちゅーのもすごくうれしい。
でもけっこう手間は手間。
ハネの穴は気になってもHBは便利だ…やっぱり。
「手ごね食パンを作ることが当たり前の日常」はちょっと無謀な夢かしら。。