カエデノオト

カエデのある家の住人のノート

「ハーバシン」のハンドクリームを家中に置きまくる

先日、いよいよ秋がきたっ、というような気候だった日、
まさにその日から、手がかさかさかさかさしてきた。
あぁ…また水やお湯を使って指先が割れる季節がきたなぁ…と
自分の両手をしみじみ眺めていたのだけれど、
気付けば、自分の手がすごく「老い」ているように見えて
すっごくすっごくショックだったのでした。

年の近いママトモに嘆いたら、おんなじことを思うということで
「顔はいちおう手入れするけど、手はほったらかしの上酷使してるからだろうね」
ということになって。
若い頃からちゃんと手入れしてたらこんなことにならなかったんだろうか?
時すでに遅し。
というわけで、去年使っていてまぁまぁ気に入ったハーバシンのハンドクリーム→★
どさっと買い込んできて、家のあちこちに置いてみた。
手を洗ったらさっと塗るクセを付けるため。

トイレ↑
キッチン
サニタリー
玄関
バッグのポーチ。
やっぱり危機感を持つとできるものだな、
2、3日続けたら手の甲がしっとりしてきたよ。
ハンドクリームを付けた後のぬるぬるするかんじが好きでなかったけど、
受け入れられるようになってきた、が、
「おかあさんの手ぬるぬるするやん」
と手をつないだ娘からクレーム。
許せ、こうしないとおかあさんの手は冬を越せそうにないのだよ。。