(カエデノオト)

カエデのある家の住人のノート。いろいろごちゃまぜ、これが私。

2011年の手帳について考える

来年の手帳について考え始めたきっかけはもちろん「ほぼ日手帳販売開始のお知らせ」。
相変わらず、うまいなぁ、ほぼ日…とまんまとのせられている私。
今年ははじめてカズンを使ってみていて、まぁ上手い具合に使えていると思うのですが、難もあることはあり。来年はどうしようか…

今年のカズンのつかいかた

  • 見開き半年のページは、自分と娘の体調の記録
  • マンスリーページは、超不規則な夫の仕事の記録(領収書整理の参考にするため)および私と娘の出来事の記録。「過去の事実」を記録する場所
  • ウイークリーページは常に開いているページで、やることを箇条書きにしておいてできたらチェック、みたいなかんじで使用。淡々と出来事を記録している「10年日記」にはここを見ながら転記
  • ほぼ日手帳のメインともいえる1日1ページ前半はいろいろメモ帳。長期間にわたって考えないといけないことなどをテーマ別にメモ。後半は、後スクラップページ。雑誌の切り抜きとかそういうものをぺたぺた貼り、いらなくなったらはがしちゃう
  • フリーページにはお金関係の記録
  • タイムテーブルにはいろいろなIDやパスワードを記録(だってもう記録しなくちゃ覚えられない)
  • 満年齢早見表には家族親族のところに印

なかなか自分らしくいいかんじで使えているなぁとまぁまぁ気に入っていたのだけれど、
とにかく重い…持ち歩かないとはいえ重すぎる。
使用書類に多いA4を半分に折ると挟めるところがいいなぁと思っていたんだけど、本体が重いので軽やかに取り出せない→取り出さなくなる→つまり必要ないものを挟み込んでいるのだ
そんなところが難点。
いろいろあれこれが1冊にまとまったのがいいなと思っていたけれど、だから重くなっちゃうんだな。
来年は分けて、ちょっと軽やかにしてみようかなぁ…